スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「アルミスポット溶接」技術情報です。

技術情報

アルミスポット溶接

t0.05~t4.0までの平板・筐体奥行600mmまで、独自電極対応(受託加工・製品製作)

アルミスポット溶接について

スポット溶接とは、溶接したい2片の金属母材を上下から電極で挟み込み接触部を電極で加圧します。
加圧した電極より金属母材へ大電流を流すことにより電気抵抗によるジュール熱を発生させ
局部的に発熱・溶融させ接合される溶接工法です。

アルミ材は電気抵抗値が低くジュール熱が発生しにくい上に、表面には酸化被膜があり、こちらは絶縁体です。そのため表面の酸化皮膜を突破し、大電流を流す必要が有りります。
ですので一般的なスポット溶接機では無く出力が高く十分な加圧を掛けれるスポット溶接機が必要となります。


DPP_0161.JPG IMG_2999.JPG IMG_3122.JPG
車両部品のアルミスポット溶接 モニターテレビのアルミスポット溶接 産業機器のアルミスポット溶接

IMG_5504.JPG IMG_2566.jpg P1010874.JPG
産業機器のアルミスポット溶接 アルミ線材のスポット溶接 アルミケースのスポット溶接


アルミスポット溶接の、加工事例集はこちらから


「こだま」が、ご提供できること

◆アルミスポット溶接の、試作・量産の受託加工(部品支給)
  t0.05~t4.0まで対応(純アルミは不可)

◆部品製作から、スポット溶接、表面処理までの一貫製作         
 (表面処理は、対応できない場合もあります)
◆簡易治具電極・量産治具電極の製作(こだま社内用)
◆スポット溶接の、溶接条件出しから機械選択・販売代行
◆お客様現場での、溶接条件だし(出張業務)



アルミスポット溶接技術

環境に優しいエコロジックな接合として普及されているスポット溶接。こだまでは特に車両部品・道路標識・弱電機器部品など、数百種類を超える溶接実績と、板厚t0.1の薄板から筐体のアルミスポット溶接まで幅広く対応してきました。

また、アルミ(A5052)材板厚t0.05~t4.0、筐体奥行750mm(板厚により対応エリアは限定されます)など様々なバリエーションに備えて、アルミ専用の社内製作電極(チップ)を標準装備し実績点数、数十万点以上のアルミスポット溶接加工の実績で板金成形品、アルミ材線材など様々な分野の製品製作及びアルミスポット溶接加工を手がけています。
製品実績としては、弱電部品、航空機部品、車両部品(新幹線)、道路標識まで、製品製作に加え安定した強度をご提供しています。
※航空宇宙用スポット溶接のJIS規格であるAWS A 3.0(MIL規格のW-6858Dに相当)の基準値をクリアできる設備でスポット溶接溶接しております。

最近では精密なアルミのスポット溶接も増えてきました。
右の画像左下のスポット溶接箇所のスポット溶接可能な範囲は
7mm程度しかありませんが問題なく溶接できています。

※溶接しろが5mm程度でもアルミのスポット溶接可能ですが、
 母材と母材の隙間からバリや溶け垂れが飛び出てしまう
 可能性が高いです。

また、スポット溶接痕が非常にキレイなことも利点の一つです。
アルミスポット溶接が使用される箇所は外部に見える箇所が
多いため仕上げの要らないキレイな打痕を追及しています。



アルミスポット溶接の四大条件

1)加圧力
溶接したい2片の金属母材を、上下から電極で挟み込み接触部を電極で加圧し、電流を流すことで、
スポット溶接を行いますが、その加圧が溶接箇所の安定性に繋がります。
加圧は、材質・板厚によって異なります。アルミ材のスポット溶接の場合は、比較的少ない加圧で行われます。

2)溶接電流
アルミ材の母材を、局部的に溶かすための要素となります。
アルミ材のスポット溶接は、他の材質と比較して、表面の酸化被膜を溶かすために、
高電流が必要となりますが、電流値としては、低いと溶接外れの原因となりますし、
高すぎると、ナゲットの極端な凹みが生じて、スポット溶接後の母材強度を損ねてしまいます。

また、アルミ材のスポット溶接では、母材・電極に異物の除去は必ず行わないと、
通電時に、高音と同時に、母材に穴があくほどの爆火が生じます。

3)通電時間
溶接電流を流す時間を指します。
溶接電流とのバランスで、より安定したアルミ材のスポット溶接のナゲットを形成します。

4)電極
アルミ母材の板厚が、電極サイズの基準になりますが、スポット溶接を行う場所のスペースに
よって合わせる必要性が生じてしまいます。


上記の「爆火」に気を付けることの他、
スポット溶接という、合理的接合の反面、外観上はナゲットでしか確認できない為、
作業においては、熟練度を要します。熟練の判断があれば、安定したアルミスポット溶接が可能です。

代表的な アルミスポット溶接 事例紹介

アルミ丸棒(φ5とφ7)のスポット溶接加...

アルミ丸棒(φ5とφ7)のスポット溶接加工
材質
アルミニウム合金 (A5056) ...
製作数量

アルミケースの試作

アルミケースの試作
材質
アルミニウム (A5052) t1...
製作数量
3個

アルミ板金部品 溶接範囲5mmのスポット...

アルミ板金部品 溶接範囲5mmのスポット溶接
材質
アルミニウム (A5052) t1...
製作数量
5個

板厚4.0mmのアルミニウム(A5052...

板厚4.0mmのアルミニウム(A5052)スポット溶接
材質
アルミニウム(A5052) t4.0
製作数量
30個

アルミ筐体のスポット溶接

アルミ筐体のスポット溶接
材質
アルミニウム(A5052) t2.0
製作数量
30個

資料ケースのアルミスポット溶接組立

資料ケースのアルミスポット溶接組立
材質
アルミニウム(A5052) t1.0
製作数量
100個

アルミ スタッドボルト溶接

アルミ スタッドボルト溶接
材質
アルミニウム(A1100) t1.0...
製作数量
1個

アルミ丸棒(φ4)のスポット溶接

アルミ丸棒(φ4)のスポット溶接
材質
アルミニウム ロッド材 φ4
製作数量
20個

アルミニウム(A5052)のスポット溶接...

アルミニウム(A5052)のスポット溶接テスト
材質
アルミニウム(A5052) t3.0
製作数量
1個

道路標識のスポット溶接(アルミニウム)

道路標識のスポット溶接(アルミニウム)
材質
本体:アルミニウム(A1100)t2...
製作数量
300個

アルミスポット溶接・組み立て

アルミスポット溶接・組み立て
材質
アルミニウム(A5052) t0.8...
製作数量
50個

新幹線用部品スポット溶接

新幹線用部品スポット溶接
材質
アルミニウム(A5052) t2.0...
製作数量
30個

アルミスポット溶接・組み立て

アルミスポット溶接・組み立て
材質
アルミニウム(A5052) t1.5...
製作数量
300個

コンデンサー端子 溶接テスト

コンデンサー端子 溶接テスト
材質
アルミ材と、SPC(亜鉛メッキ処理)
製作数量
試作:50個 量産:1000個

アルミニウムのスポット溶接

アルミニウムのスポット溶接
材質
アルミニウム(A5052) t1.0
製作数量
40個

道路標識 反射板のスポット溶接(アルミニ...

道路標識 反射板のスポット溶接(アルミニウム)
材質
アルミニウム(A1100)t1.0 ...
製作数量
500個

チタン6-4合金線材とアルミプレートのス...

チタン6-4合金線材とアルミプレートのスポット溶接
材質
チタン6-4合金φ1.0 と アルミ...
製作数量
30個

A5052材とニッケル線のスポット溶接テ...

A5052材とニッケル線のスポット溶接テスト
材質
アルミニウム(A5052)t1.0 ...
製作数量
10個

アルミスポット溶接・組み立て

アルミスポット溶接・組み立て
材質
アルミニウム(A5052) t1.0
製作数量
40個

アルミ大型部材のスポット溶接・組み立て

アルミ大型部材のスポット溶接・組み立て
材質
アルミニウム(A5052)t2.0
製作数量
5個

アルミスポット溶接

アルミスポット溶接
材質
アルミニウム(A5052) t1.0
製作数量
60個

アルミスポット溶接(t0.8とt1.2の...

アルミスポット溶接(t0.8とt1.2のスポット溶接)
材質
アルミニウム(A5052)t0.8と...
製作数量
60個

車両部品(ドア)の製作

車両部品(ドア)の製作
材質
アルミニウム(A5052) t2.0
製作数量
1台