スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「アルミ板金部品 溶接範囲5mmのスポット溶接」

アルミ板金部品 溶接範囲5mmのスポット溶接画像
材質 アルミニウム (A5052) t1.0
ご依頼数量 5個

アルミスポット溶接範囲限界の5mm

事例の製品は板厚が1mmで厚くはありませんが
アルミの場合には、鉄材などと比較して大きな容量のスポット溶接設備が必要です。
設備容量が大きくなると加圧も大きくなり、電極径も大きなモノが必要ですので、
溶接範囲も5mm以下ですと、電極が溶接範囲を超してしまい上手く溶接出来ません。

アルミのスポット溶接の部材端ギリギリで溶接する場合には、バリ・チリが生じやすいですが、
適切接条件で溶接することによって抑制しています。

アルミのスポット溶接


アルミ材は表面の酸化皮膜を瞬時に溶かすために、非常に高い電流を要します。
板厚が厚くなればその分、高い電気容量が必要で、「こだま」ではA5052材で4mm同士が限度です。

A1000番は工業用純アルミで、抵抗値が低いうえに柔いため
スポット溶接は可能な場合もありますが、スポット溶接には向いていません。
溶接する場合にはA5000番やA6000番と組み合わせて溶接すると
接合出来る可能性は上がります。

記事に関連する製作事例

コンスタンタン スポット溶接テスト画像
コンスタンタン スポット溶接テスト
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接画像
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接
コンスタンタン(t0.2)スポット溶接テスト画像
コンスタンタン(t0.2)スポット溶接テスト
スポット溶接試験 受託対応画像
スポット溶接試験 受託対応
プラチナメッシュのスポット溶接画像
プラチナメッシュのスポット溶接
溶接 コストダウン画像
溶接 コストダウン
ハイテン材のスポット溶接加工画像
ハイテン材のスポット溶接加工
ステンレス製シャフトとプレートのスポット溶接画像
ステンレス製シャフトとプレートのスポット溶接

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧