スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「カンタル材のスポット溶接」

カンタル材のスポット溶接画像

カンタルとは

カンタル材は電気釜など加熱装置にて抵抗発熱体として利用される材料です。
抵抗発熱体の中でも鉄クロムアルミの合金のことをカンタル材と呼びます。
抵抗発熱体として広く使用されているニクロムは耐用温度1100℃までに対しカンタルは
耐用温度1375℃まで使用できます。

カンタルの板材と線材のスポット溶接

カンタル材(t=1.0の板材とφ1.0の線材)のスポット溶接を行った事例です。
カンタル材は適切な溶接条件が鉄やステンレスに比べ狭いうえ、線材という事で
スポット溶接による線材の痩せを最小に抑えて溶接することによりお客様の要望を満たして
スポット溶接することが出来ました。

DSC_0719.JPG
テスト時のスポット溶接
DSC_0721.JPG
スポット溶接部を90°曲げても問題無い

φ0.2カンタル線のスポット溶接事例

非常に細いφ0.2のカンタル線とステンレス板t0.3のスポット溶接を行いました。
線径が非常に細いため線材を極力溶かさずステンレス板を溶かし
母材強度を落とさないようにスポット溶接しています。

IMG_20220305_1416051.jpg
スポット溶接テスト品
IMG_20220305_1412521.jpg
テスト時の強度確認
母材が変形しても問題ない強度


「こだま」がご提供できること

1.材質に合わせた、溶接方法の選択、各溶接の受託加工
2.治具電極製作及び金型製作
3.豊富な薄板金属の在庫
4.部品製作(金型レス製作で、1個からの対応)
製作内容に合わせた、適切な製作方法の選択
・形状カットにおけるコストパフォーマンス
・曲げ加工におけるコストパフォーマンス
6.表面処理(対応不可な場合もあります)
7.全国対応



inq_logo.jpg

記事に関連する製作事例

スポット溶接の打痕について画像
スポット溶接の打痕について
コンスタンタン スポット溶接テスト画像
コンスタンタン スポット溶接テスト
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接画像
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接
コンスタンタン(t0.2)スポット溶接テスト画像
コンスタンタン(t0.2)スポット溶接テスト
スポット溶接試験 受託対応画像
スポット溶接試験 受託対応
プラチナメッシュのスポット溶接画像
プラチナメッシュのスポット溶接
溶接 コストダウン画像
溶接 コストダウン
ハイテン材のスポット溶接加工画像
ハイテン材のスポット溶接加工

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧