スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「スポット溶接の最適条件の販売」

CVC5554 (3).jpg
アルミスポット溶接
CVC5554 (1).jpg
熱電対のレーザースポット溶接
CVC5554 (2).jpg
高張力鋼板のプロジェクション溶接
CVC5554 (4).jpg
銅材のアークスポット溶接
CVC5554 (5).jpg
チタンメッシュのスポット溶接
CVC5554 (6).jpg
リード線のスポット溶接


※その他スポット溶接の加工事例は、こちらから
※各種溶接テスト 受託加工については、こちらから


あらたな鋼鈑での、スポット溶接条件の確認がしたい(開発部門)

◆プロジェクション溶接の条件を確認したい(開発部門)

◆スポット溶接の条件出しから、スポット溶接機までサポートして欲しい(技術部門)

スポット溶接部が外れるので、適切な条件がしりたい(製造部門)

上記のような、課題解決のお手伝いをいたしております。
※自動機設備は、現在取り扱いしておりません。
※資料提出のみ、現場での立会いは、対応いたしておりません。

 

スポット溶接条件のご相談は、お気軽にお問い合わせください。
※仕様書・治具電極・適切なスポット溶接機の導入まで、サポートいたします。

「こだま」がご提供できること


1)各種溶接の受託加工
2)冶具電極の設計・製作
2)部品接合の構想段階からのご相談(接合の方向付け)
3)部品の製作からの一貫対応(試作・量産)
 (部品によって、製作対応不可な場合もあります)
4)試験、溶接条件販売、スポット溶接機の選択・販売支援


inq_logo.jpg

 

◆スポット溶接における、課題を解決


社内で、スポット溶接をされている際、機械メーカーの仕様書や、何度か実施テストを繰り返した結果で、自社のスポット溶接条件を出されていると思いますが、スポット溶接箇所のハズレ問題が解消できないという、ご相談をよくお受けます。また、開発段階で、素材の適切な溶接条件の提示が、必要になったなどの案件のご相談もよくお受けします。スポット溶接は、他の溶接方法と比較して、極めてシンプルで合理的な溶接方法ですが、溶接しようとする部品材質の特徴、板厚、形状などを把握したうえで、適切なスポット溶接条件をださなくてはなりません。

「こだま」ではご相談をお受けした際に、まず第一段階として、スポット溶接されようとする素材と部品形状、加工数などをお聞きして、本来スポット溶接で接合するのが適切なのかを確認します(無償)。次に適切であるとなった場合、部品をお預かりして、スポット溶接の実施を行い、適切なスポット溶接条件(加圧・通電時間・電流値)を書面にてご提示しています(有償)。また、重要要素として電極の管理が必要となりますが、その際には有償となりますが、1ロット数をお預かりして、実際にスポット溶接加工を行い電極管理の実施内容をご提示しています。


◆スポット溶接条件の販売事例

P1020466.JPG
スポット溶接は、三大要素
1、加圧(kgf/cm2
2、溶接電流(A)
3、通電時間(サイクル)そして、電極と電極管理が重要となります。
「こだま」では、測定器を使用し、よりスポット溶接の施行位置に
近い場所での出力を測定することが可能です。


加圧は、加圧計を使用して実際の確認を行います。
P1020467.JPG

スポット溶接条件測定機モニター画面

加工事例

P10009367 (14).jpg
ステンレス材のスポット溶接条件
溶接性の良い材質ですが、仕様に
よっては、分流が生じて困難になります。
P10009367 (1).jpg
リン青銅のスポット溶接条件
溶接性は良いですが、どの状態で
接合されたいるのか分かりにく材質です。
P10009367 (12).jpg
銅板のスポット溶接条件
無酸素銅(C1020)のみの対応となります。
銅同士であれば、t0.5までが限界です。
P10009367 (3).jpg
ステンレスのプロジェクション溶接条件
簡易電極を製作し、溶接の実施。
P10009367 (5).jpgP10009367 (6).jpg
ステンレスのプロジェクション溶接条件
表面に傷がついては商品化出来ないので
簡易電極を製作し、特殊な溶接の実施。
P10009367 (4).jpg
アルミ線材(φ5.0)のスポット溶接条件
材質は、A5052材がベストです。
不純物が、溶接部に混入すると爆火
するので要注意。
HTSS_SP15.jpg
ハイテン材のスポット溶接条件
高張力鋼板の特徴を把握した上での、
最適な溶接条件だし。
P10009367 (2).jpg
真鍮のスポット溶接条件
不純物が、溶接部に混入すると爆火
するので要注意。
P10009367 (11).jpg
チタン合金のスポット溶接
チタンは、溶接性が良いいのですが、
加熱により表面酸化が,著しい材質です。
スポット溶接時に局部的な加圧や、
シールドガスを使用して、酸化を防ぐ
ことが可能です。
P10009367 (13).jpg
熱電対のスポット溶接条件
アルメル線とクロメル線が溶接で切れない
ように二次的にスポット溶接を行っています。
P10009367 (15).jpg
鉄のスポット溶接条件
溶接性の良い材質ですが、仕様に
よっては、分流が生じて困難になります。
P10009367 (9).jpg
鉄プロジェクション溶条件
簡易治具を製作し、溶接の実施を行いましが、
引っ張り強度は1トンをこえました。
P10009367 (16).jpg
プラチナのスポット溶接条件
さまざまな非鉄金属に対応しています。
P10009367 (17).jpg
マグネシウム合金のスポット溶接条件
不純物が、溶接部に混入すると爆火
するので要注意。
P10009367 (19).jpg
リン青銅線材のスポット溶接条件
スポット溶接条件の絞込が必要です。

P10009367 (18).jpg
リード線のスポット溶接条件
ダイレクトにリード線を端子に溶接を行う
のか事前にヒュージングを行うのかの
選択が必要です。
P10009367 (10).jpg
チタンメッシュのスポット溶接条件
チタン特有の溶接後の酸化を考慮して
溶接を行います。
P10009367 (7).jpg
ステンレス付き立て溶接の条件
簡易電極を製作し、溶接の実施。
P10009367 (8).jpg
ステンレス付き立て溶接の条件
簡易電極を製作し、溶接の実施。

SK材のスポット溶接
溶接時に、なましを施して溶接強度を
上げています。
  


◆主な取り取り扱い販売機種


・直流インバーター式抵抗溶接機
・単相交流式抵抗溶接機
・単相整流式抵抗溶接機
・プロジェクション溶接機
・トランジスタ式溶接機
・薄板(t0.1~t0.35)用シーム溶接機
・電池専用溶接機(電池タブ付け・組電池製作)
・アークスポット溶接機

※異種金属の溶接方法事例はこちらから

 (接合方法の選択から、仕様書の販売、機械設備の販売まで、対応いたしております)

記事に関連する製作事例

コンスタンタン スポット溶接テスト画像
コンスタンタン スポット溶接テスト
真鍮メッシュのスポット溶接画像
真鍮メッシュのスポット溶接
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接画像
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接
アルミ スポット溶接テストピース製作画像
アルミ スポット溶接テストピース製作
コンスタンタン(t0.2)スポット溶接テスト画像
コンスタンタン(t0.2)スポット溶接テスト
スポット溶接試験 受託対応画像
スポット溶接試験 受託対応
プラチナメッシュのスポット溶接画像
プラチナメッシュのスポット溶接
溶接 コストダウン画像
溶接 コストダウン

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧