スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「リッツ線のヒュージング加工:試作から溶接テストまで!」

リッツ線のヒュージング加工:試作から溶接テストまで!画像
材質 リッツ線 x 圧着端子
ご依頼数量 1個〜 [ 溶接テスト(有料)から対応 ]

リッツ線のヒュージング(熱圧着)について

リッツ線のヒュージングは、リッツ線と端子の電気抵抗を利用した圧着工法です。ヒュージングの利点としては、被覆線(リッツ線、マグネットワイヤ等)の絶縁被覆を加熱しながら加圧をすることで、被覆の除去と同時に熱圧着することができる、溶材を使用しない環境にやさしい工法です。

ヒュージング加工の特徴は?

リッツ線のヒュージングの特徴は、圧着強度と被服除去が同時にできることです。被服は、通常のカシメですと半田ごてなどで除去したり、薬品(ソルコート等)に漬けて除去をしますが、溶接加工がカシメ加工に加わるので同時に被服除去ができ、被服の除去作業が無いという点では作業効率が良い加工方法になります。ただ、金額としては、通常のカシメの方が安価に加工ができるようです。

DPP_0021.JPG


ヒュージング加工一覧.jpg

リッツ線とは?

リッツ線とは細い絶縁線を多数撚り合わせた銅線で、高周波用コイル等に用いられています。周波数が高くなると導体の表面に電気が偏って流れてしまうため、太い銅線より細かく分かれた銅線の方が同じ断面積でも抵抗を下げ発熱を抑えることが出来きます。そのためリッツ線が高周波に使用されているのです。

事例紹介はこちらから

こだまのヒュージング加工の特徴

ヒュージング加工
部材支給で、ヒュージング加工のみ依頼

主な部材(リッツ線・ハーネス・端子など)を支給で、ヒュージング加工のみで、ご依頼頂けます。お問い合わせの際は、部材の材質や形状をお知らせ下さい。細線径~φ10まで対応します。


※ヒュージングの加工事例は、こちらから
※ヒュージングの加工溶接条件の販売から機械販売支援も承ります。

接点端子_9931.JPG
端子製作からヒュージング加工までを一貫加工

端子の製作からヒュージング加工まで、一貫してご依頼頂けます。
※接点・端子製作事例は、こちらから

pic_th_002.jpg
簡易治具電極・量産治具電極

少ロット品や試作品は簡易電極治具で加工を行い、量産品には創業以来のノウハウで生産性を高める治具を製作します。
※治具電極製作の詳細は、こちらから

ヒュージング加工機の提案
社内で溶接を検討のお客様へ

社内で加工をご検討のお客様へは、ヒュージング加工のテスト・試作品製作を弊社で行い、電圧や加圧力数値出しから機械手配まで一貫で致します。
※溶接試作・立上げ支援・試験品の分析の詳細は、こちらから

お問い合せについて】

ヒュージングのお問合せについては、下記2点が特に重要となります。

・撚線径と線径(※下記図を参照ください)
・エナメル被膜がついているか

以上の2点は必ず内容にご記載ください。
撚線径.jpg

記事に関連する製作事例

コイルの溶接 (ヒュージング加工)画像
コイルの溶接 (ヒュージング加工)
リッツ線と圧着端子のヒュージング画像
リッツ線と圧着端子のヒュージング
銅撚り線のヒュージング画像
銅撚り線のヒュージング
リッツ線x端子の熱圧着加工画像
リッツ線x端子の熱圧着加工
リッツ線と圧着端子のヒュージング加工画像
ヒュージング加工
振動・衝撃に対する銅撚線溶接強度の向上画像
銅撚線の溶接における強度向上について
リッツ線のヒュージングと、抵抗ロウ付け画像
リッツ線のヒュージングと、抵抗ロウ付け
φ5のリッツ線 ヒュージング加工画像
φ5のリッツ線 ヒュージング加工

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧