スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「出張理髪サービスのリクライニングチェアーカスタマイズ」

出張理髪サービスのリクライニングチェアーカスタマイズ
ご依頼数量 1個

【生産方法についての説明】

ティグ溶接(アルゴン溶接) 093.JPG 写真では、カスタマイズ部分をご覧いただくために 洗髪用のビニールカバー、枕等は写っておりません。 出張理髪サービス用として市販のリクライニングチェアーを改造しました。 社会性を考えても、出張理髪サービスは ほんと、いいサービスだと思います。 今回は、最低限の機能性としてお手伝いしましたが、 洗髪器材など市販のものと組み合わせて カスタマイズを行えば、ご利用者様の満足度も いちだんと上がることと思われます。 理髪店出張において 「政令で定める特別の事情」がある場合には、理容所・美容所以外の場所においてその業を行うことができます。  この「政令で定める特別の事情」とは、以下の場合です。 1、疾病その他の理由により、理容所・美容所に来ることができない者に対して理容・  美容を行う場合 2、婚礼その他の儀式に参列する者に対してその儀式の直前に理容・美容を行う場合 3、その他、都道府県が条例で定める場合 3の「都道府県が条例で定める場合」は、各都道府県によって異なります。 では、今回の市販のリクライニングチェアーを 出張理髪サービス用に改造した内容を簡単に ご説明します。 IMG_3143.jpg ご注文までの流れとしましては お電話でのご相談もしくは面談(お会いしての打ち合わせ)→ イメージの見える化(スケッチ等)→お見積り→ご注文→製作→納品 となります。 ご相談はこちらから IMG_3142.jpg リクライニングチェアーを移動させる為の キャスターを取付ました。 これは、至って簡単、 リクライニングチェアーに合わせて市販のキャスターを 選択し、ネジ止めで固定しています。 P1000098.jpg ご利用者頭部のフレーム金具の製作。 洗髪用のビニール製の水受けシートの枠になります。 IMG_3136.jpg フレーム金具としましては、今回ご予算優先として ステンレス(SUS304)棒材を使用して、 曲げ加工を行い、ティグ(アルゴン)溶接で 組み付けを行っています。 P1000001.JPG 通常、丸棒の曲げ加工は、金型を必要としますが、 機能、コスト優先で、見栄え妥協であれば 手曲げでの加工対応も可能です。 P1000085.jpg 口頭部をささえる為のフレームの 取付部分を、今回はゴムを使用して 製作しました。 IMG_3138.jpg リクライニングチェアーの高さを 低くするため、既存のパイプフレームを 切断して、ティグ(アルゴン)溶接した状態です。 ご参考までにですが 既存商品のパイプ材質は溶接に不向きですので あまり溶接状態はよくありません。 金具等を製作し切断部分を カバーする方法もご検討ください。 P1000082.jpg 金切ノコで切断した直後の画像です。 今回は、必要最小限としての カスタマイズをご紹介しましたが、 グレードは予算しだいでどんどんあげることは可能ですので、 お気軽に、ご相談ください。 木、皮製品のカスタマイズ、オーダー製作も取り扱っております。 お問い合わせはこちらから

記事に関連する製作事例

大阪のアルゴン(ティグ)溶接屋画像
大阪のアルゴン(ティグ)溶接屋
スチール製の運搬用台車 製作画像
スチール製の運搬用台車 製作
精密溶接の事ならまずはご相談ください!!画像
精密溶接の事ならまずはご相談ください!!

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧