スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「無酸素銅(C1020)と鉄(SPCC)のスポット溶接」

無酸素銅(C1020)と鉄(SPCC)のスポット溶接画像
材質 無酸素銅(C1020) t2.0 と 鉄(SPCC) t1.5
ご依頼数量 累計30万個

異種金属の溶接


銅と異種金属の、極めて難易度の高いスポット溶接加工事例です。
企画数25万個の実績で、スポット溶接ハズレも発生することもなく、
安定した品質を保ちました。

銅と鉄の溶接.jpg
溶接強度テスト後


無酸素銅は純銅ですが、純銅は他にタフピッチ銅があります。
タフピッチ銅は600℃以上に加熱すると材料中に残っている酸素と水素が反応して、
水蒸気が発生し、材料を脆弱にする「水素脆性」があります。
なので、タフピッチ銅では無く無酸素銅を使いスポット溶接を行っています。


※その他スポット溶接の事例は、こちらから
※その他異種金属溶接の詳細は、こちらから
※その他銅系の溶接事例は、こちらから

「こだま」がご提供できること


1)各種溶接加工
2)溶接試作・立上げ支援・試験品の分析
3)各種治具・電極の製作
4)様々な材料、豊富な在庫と材料入手
SUS系、ニッケル系、リボン鋼、銅系、チタン系、インコネル系
5)精密板金部品の構想段階からのご相談
材質・形状・機能性など、構想段階から対応いたします。
6)金型レス製作で、精密板金部品製作1個から
標準化された独自の金型で、初期費用ゼロで小部品製作が可能
7)簡易金型技術、製作方法の選択で、コストパフォーマンスのご提供
約100個のリピート品、約2000個の限定製作対応
8)t0.005~の箔・微細加工技術
9)各種表面処理・熱処理加工

記事に関連する製作事例

銅のスポット溶接 (無酸素銅 t=0.3)画像
銅のスポット溶接 (無酸素銅 t=0.3)
YCuT-M(銅合金)のスポット溶接テスト画像
YCuT-M(銅合金)のスポット溶接テスト
無酸素銅端子 スポット溶接画像
無酸素銅端子 スポット溶接
銅とアルミの異種金属接合画像
銅とアルミの異種金属接合
銅線のヒュージング加工 (φ4丸棒とφ4リッツ線)画像
銅線のヒュージング加工 (φ4丸棒とφ4リッツ線)
リン青銅 t0.4 3枚重ねスポット溶接画像
リン青銅 t0.4 3枚重ねスポット溶接
銅板のアークスポット溶接加工画像
銅板の アークスポット溶接加工
スポット溶接後の鍍金(メッキ)画像
スポット溶接後の鍍金(メッキ)

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧