スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「レーザー溶接 φ8のSUSパイプと成形品」

レーザー溶接 φ8のSUSパイプと成形品画像

レーザー溶接加工


ステンレス製のパイプ(φ5)と焼結成形品のレーザー溶接事例です。
全周レーザー溶接で接合しています。
向きや垂直度の位置決めのため、両部品とも凹凸をつけ勘合させ位置決めしています。


レーザ溶接とは


レーザー光をレンズで集光させ熱源として溶接させ、部品照射を行い溶接する方法。
薄板金属・箔・微細部品の溶接に適しています。局部的に母材を溶かしますので、熱歪が軽減できるのが
特徴です。しかし、レーザー光を集光させる事と、無接触で溶接を行う要素から、溶接させる部品の端面精度,
及び部品位置決めをセットする治具などの精度も要求されるので、一次加工(金属プレス等)の精度が、
極めて要求され、製品コストが上がってしまう要素も含みます。

「こだま」がご提供できること


気密溶接を始め、溶接における歪(熱変形)レスへの挑戦、溶け込み、異種金属、微細、寸法精度の要素を、豊かな経験と
治工具のノウハウを生かし、さらなる溶接技法の開発に取り組んでいます。

1.製品に合わせた、溶接方法の選択、各溶接の受託加工
2.豊富な薄板金属の在庫
3.製作内容に合わせた、適切な製作方法の選択
・形状カットにおけるコストパフォーマンス
・曲げ加工におけるコストパフォーマンス
4.金型レス・簡易金型製作、薄板金属部品の1個~約2000個製作
5.熱処理及び、表面処理(対応不可な場合もあります)
6.全国対応

溶接対象材質

分類 材料記号
ステンレス

SUS304、SUS304 CSP、SUS301 CSP、SUS3016L、SUS430、SUS631

ニッケル パーマロイ、ハステロイ、インコネル、インバー、形状記憶合金
チタン TP270、TP340、TP480
C1020(無酸素銅)、C1100(タフピッチ銅)、C1201(りん脱酸銅)
プラチナ PT900、PT1000
コバルト コバール、ステライト
アルミ A1050、A5052、A6063

取扱品目


分岐配管、バッテリーケース、ノズル先端溶接、ヒーターノズル、冷却装置部品、タンク等

記事に関連する製作事例

ステンレスのレーザースポット溶接画像
ステンレスのレーザースポット溶接
アルミレーザー溶接画像
アルミレーザー溶接
銅のレーザー貫通溶接画像
銅のレーザー貫通溶接
φ0.6SUS線材の、レーザー溶接テスト画像
φ0.6SUS線材の、レーザー溶接テスト

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧