スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「銅のレーザー貫通溶接」

銅のレーザー貫通溶接画像
材質 銅板:t2.0mm , 銅ブロック:t5.0mm
ご依頼数量 10個

銅のレーザー貫通溶接


一般的に銅のレーザー溶接は難しいと言われています。
理由は高反射材であり光を吸収しにくく、高い熱伝導率で熱を逃がしやすい特性を持っているからです。
ですので、突合せではなく、貫通溶接となると更に難度の高い溶接になります。
「こだま」で対応できる板厚は1.0mmですが、以下の簡単な追加工で貫通溶接が可能となります。

1.0mm以上の板厚に対応するために


「こだま」では板厚1.0mm以上の銅にも対応できるようにサムネイル画像のように溶接したい
部分を1.0mm以下まで切削またはエッチング加工で部分的に薄くすることで、
貫通溶接を可能にしています。

ただし、レーザー溶接では母材どうしの密着度が重要となるため、溶接箇所を溶接できるように開け、
材料を治具で抑えれる部分の確保は必要です。

記事に関連する製作事例

ステンレスのレーザースポット溶接画像
ステンレスのレーザースポット溶接
レーザー溶接 φ8のSUSパイプと成形品画像
レーザー溶接 φ8のSUSパイプと成形品
アルミレーザー溶接画像
アルミレーザー溶接
φ0.6SUS線材の、レーザー溶接テスト画像
φ0.6SUS線材の、レーザー溶接テスト

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧