スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「アルミレーザー溶接」

アルミレーザー溶接画像
材質 アルミ t=1.0

アルミのレーザー溶接


アルミのレーザー溶接は、板厚1.0mm程度からの薄板に向いた加工方法です。
アルミは鉄鋼などに比べ溶接の熱による変形が大きくなる傾向が有りますが、
レーザー溶接はレーザー光による溶接のため、狭い範囲に入熱でき変形を抑える事が可能です。
また、TIG溶接などでアルミの薄板を溶接する場合、広範囲に熱が入ってしまい
溶け落ち穴が開いてしまう事が有りますが、レーザー溶接ではその現象を抑える事ができます。


変形を抑えた溶接


今回の製品は板厚が1.0mmだったため、TIG溶接などでは変形する可能性がありましたが、
レーザー溶接を用いる事で溶接による入熱を最小にし変形を抑えることが出来ています。
また、出力を調整することにより、裏側へ溶接の影響を出さずに溶接することが出来ています。

アルミレーザー溶接(3)R.JPG
溶接面
アルミレーザー溶接(4)R.JPG
溶接裏面



レーザー溶接の利点・欠点

【利点】
1)精密な溶接加工が可能。
2)非接触で加工できるため抵抗溶接に比べワークの変形が少なく、抵抗溶接では必要となる
電極メンテナンス(研磨等)を必要としない。
3)異種金属の加工が容易。
4)局部的に高速で溶接が行えるのでワーク周囲の熱影響が少なく熱歪みが小さい。

【欠点】
1)ワーク精度が高くなければ接合が難しい。
2)部品装着するための治具精度を要求しますので、他の溶接に比べコストは高めになる。

記事に関連する製作事例

銅のレーザー貫通溶接画像
銅のレーザー貫通溶接
φ0.6SUS線材の、レーザー溶接テスト画像
φ0.6SUS線材の、レーザー溶接テスト
アルミパイプ(t1.0)と板(t1.52)のレーザー溶接(精密溶接)画像
アルミパイプ(t1.0)と板(t1.52)のレーザー溶接(...
ステンレスt2.0パイプと円板t0.6のレーザー溶接(精密溶接)画像
ステンレスt2.0パイプと円板t0.6のレーザー溶接(精密...
ステンレス板(t0.8)のレーザー溶接(精密溶接)画像
ステンレス板(t0.6)のレーザー溶接(精密溶接)
アルミ板t0.5とt1.5のレーザー溶接(精密溶接)画像
アルミ板のレーザー溶接
ステンレス球φ4.0とスプリングφ0.3のレーザースポット溶接(精密溶接)画像
ステンレス球φ4.0とスプリングφ0.3のレーザースポット...
ステンレス板(t0.5)とφ2.0線材のレーザー溶接(精密溶接)画像
ステンレス板(t0.5)とφ2.0線材のレーザー溶接(精密...

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧