スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「ステンレスの溶接」

ステンレスの溶接について


ステンレスは大まかに分けて、組織構造よりオーステナイト系、フェライト系、
マルテンサイト系の3種類に分かれます。

オーステナイト系は耐食性に優れており、汎用性が高いため幅広く使用されいます。
溶接性も良くステンレスで溶接が必要な場合にはSUS304等のオーステナイト系がお勧めです。

フェライト系は比較的安価で加工性の良い材料です。
ただし、耐食性は高いもののオーステナイト系よりは低く、腐食環境が厳しい環境には向いていません。
溶接性ですが、高温になると組織が粗大化し脆くなってしまうため、点溶接等の熱を大きく掛けないよう
工夫が必要です。

マルテンサイト系は焼き入れ性が非常に高く、刃物や工具に多く使用されています。
焼き入れ性が良いということは熱が加わると硬くなり脆くなるということで、
溶接すると焼きが入り脆くなります。これを防ぐために予熱や焼き戻し等の熱処理が必要です。

ステンレスの溶接を行う場合にはオーステナイト系が一番溶接性がいいため使用に適していると言えます。


・ステンレスの溶接方法・

抵抗溶接技術(スポット溶接)


pic-th02-001.jpg

抵抗溶接とは溶接したい2片の金属を電極で挟み込み接触部を加圧しながら大電流を流すことで
電気抵抗により材料が局部的に発熱(ジュール熱)、溶融して接合される溶接工法で、
スポット溶接が一番ポピュラーな工法です。他にもプロジェクション溶接バット溶接スタッド溶接等があります。

ステンレスは抵抗溶接に向いており強度、美観ともに良い仕上がりに加工できます。
ただ、粘りが強いため溶接時のバリが出やすく、しっかりとした品質管理は必要です。
「こだま」では板厚0.03mm~のスポット溶接に対応し、分厚い材料にはプロジェクション溶接で
対応させて頂きます。

IMG_6225_R.JPG P1000895_R.JPG IMG_3604.jpg

TIG溶接技術(アルゴン溶接)


pic-th02-008.jpg


TIG溶接とはタングステン・イナート・ガス溶接の略でタングステンを電極に用い、
シールドガスに不活性ガスのアルゴン等を使用します。シールドガスの調整により
美観も良好な仕上がりすることが可能です。

TIG溶接はアルゴンガスを使用するため、アルゴン溶接とも呼ばれています。

IMG_7650_R.JPGのサムネイル画像 IMG_0622_R.JPG IMG_4302.jpg


inq_logo - コピー.jpg

記事に関連する製作事例

ステンレス2B材 無酸化スポット溶接画像
ステンレス2B材 無酸化スポット溶接
歪の抑制 プロジェクション溶接加工画像
歪の抑制 プロジェクション溶接加工
凸凹プレートの、プロジェクション溶接画像
凸凹プレートの、プロジェクション溶接
研究開発用部品のアーク溶接画像
研究開発用部品のアーク溶接
SUSロストワックスとプレートのスポット溶接画像
SUSロストワックスとプレートのスポット溶接
U型 ストレーナー製作画像
U型ストレーナー製作
SUS316 メッシュフィルター 画像
ステンレス メッシュフィルター 製作
ステンレスのレーザースポット溶接画像
ステンレスのレーザースポット溶接

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧