スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「銅とステンレスの溶接」

銅とステンレスの溶接画像

銅とステンレスの溶接性

銅とステンレスは融点・硬さ・電気抵抗値等の差が大きく、溶接の相性は良くありません。
また、ステンレスは表面に不働態被膜を形成する事で酸化を防ぎますが、この不働態被膜が
接合時に邪魔することがあります。
上記のように接合条件は良くありませんが、独自の溶接方法で銅とステンレスの溶接を実現しております。


ご提供できる溶接方法

1、スポット溶接


スポット溶接とは、溶接したい部材を電極で挟み込み、電気を流した時に発生する電気抵抗熱で溶接する
抵抗溶接という溶接方法です。そのため、銅のように電気抵抗が低い材料の場合には溶接が難しいのですが
こだま製作所では長年の研鑽で銅をとステンレスのスポット溶接を実現しています。

IMG_26144.JPG DSC_0695R.JPG




2、プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、スポット溶接と同じ抵抗溶接の1種です。
スポット溶接と違う点は母材に突起(プロジェクション)を設ける所です。
突起を設けることにより、電気の流れる面積が狭くなり発熱量が大きくなります。
発熱量が多くなることにより異種金属の接合がしやすくなり、通電時間が短くなることで
仕上がりの見栄えも良くなります。




3、ロウ付け


ロウ付けとは、接合したい2部材にロウ材(銀ロウやりん銅ロウなど)を溶かし込み接合する方法です。
ステンレスは表面に不働態被膜を形成するため、ロウ付けの難易度が高いうえ、銅とのヒートバランスも
違うため、難しい接合になりますが、ものによっては接合可能です。



御問合わせ方法

まずは図面を送付頂ければ溶接方法や可否について検討させて頂きますので
お気軽に御問合わせください。
また、図面が無い場合でも手書きのラフ図や簡単な形状であれば文言のみでも対応させて頂きます。

inq_logo.jpg

記事に関連する製作事例

※関連する事例は現在ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧