スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「チタンとプラチナのスポット溶接」

チタンとプラチナのスポット溶接画像
材質 プラチナt0.8、チタン
ご依頼数量 30個

プラチナとチタンのスポット溶接は、高い難易度を伴うプロセスです。それぞれの材料が持つ異なる物理的および化学的特性が、その難易度を高めています。以下に、プラチナとチタンのスポット溶接に関するポイントをまとめます。

プラチナの特性

●高い融点: プラチナの融点は約1768°Cと非常に高いです。
●化学的安定性: プラチナは酸化しにくく、化学的に非常に安定しています。
●良好な電気および熱伝導性: プラチナは優れた電気および熱伝導性を持っています。

チタンの特性

●酸化しやすい: チタンは高温で酸化しやすい性質があります。
●強い耐腐食性: チタンは酸や塩水などに対して強い耐腐食性を持っています。
●軽量かつ高強度: チタンは軽くて強い金属であり、航空宇宙や医療分野で広く使用されています。

スポット溶接の挑戦

●融点の差: プラチナとチタンの融点は大きく異なります。プラチナの融点は1768°Cですが、チタンの融点は1668°Cです。この差は溶接プロセスにおいて均一な加熱と冷却を難しくします。
●酸化の制御: チタンは高温で容易に酸化するため、溶接中に酸素を排除する必要があります。これには保護ガス(例えばアルゴン)の使用が一般的です。
●異なる熱膨張係数: プラチナとチタンの熱膨張係数が異なるため、冷却時の応力が発生しやすく、クラックの原因となります。

技術的アプローチ

●適切な溶接条件の設定: 電流、電圧、加圧時間などの溶接条件を最適化することが重要です。

●保護ガスの使用: チタンの酸化を防ぐために、アルゴンやヘリウムなどの不活性ガスを使用することが推奨されます。
(今回の溶接事例では、不活性ガスはしようしていません)

実際の応用例

プラチナとチタンのスポット溶接は、高温耐性と耐腐食性を必要とする特殊な用途において、例えば化学プロセス装置や高耐久性の電気接点などで使用されることがあります。これらの要素を考慮することで、プラチナとチタンのスポット溶接は成功する可能性が高まりますが、実験と調整が不可欠です。また、専門的な知識と高度な設備が求められます。

「こだま」がご提供できること

1)各種溶接加工
2)溶接試作・立上げ支援・試験品の分析
3)各種治具・電極の製作
4)様々な材料、豊富な在庫と材料入手
SUS系、ニッケル系、リボン鋼、銅系、チタン系、インコネル系
5)精密板金部品の構想段階からのご相談
材質・形状・機能性など、構想段階から対応いたします。
6)金型レス製作で、精密板金部品製作1個から
標準化された独自の金型で、初期費用ゼロで小部品製作が可能
7)簡易金型技術、製作方法の選択で、コストパフォーマンスのご提供
約100個のリピート品、約2000個の限定製作対応
8)t0.005~の箔・微細加工技術
9)各種表面処理・熱処理加工



記事に関連する製作事例

産業機器部品 真鍮スポット溶接画像
産業機器部品 真鍮スポット溶接
アルミ/ニッケル スポット溶接画像
アルミ/ニッケル スポット溶接
カンタル材のスポット溶接画像
カンタル材のスポット溶接
銅線シャント製作画像
銅線シャント製作
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接画像
無酸素銅(t=0.5)のマイクロスポット溶接
スポット溶接試験 受託対応画像
スポット溶接試験 受託対応
プラチナメッシュのスポット溶接画像
プラチナメッシュのスポット溶接
ハイテン材のスポット溶接加工画像
ハイテン材のスポット溶接加工

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

会社名
※問合せを大変多く頂いており、当面の間は法人のみの返答とさせて頂いております。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧