スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「パイプ溶接」

パイプ溶接画像
ご依頼数量 製作1本から

パイプ溶接とは、一般に板巻パイプの溶接、パイプ同士の突合せ溶接などがあります。
ここでは、パイプの各種材質・溶接方法を製作事例をもとにご紹介します。

「こだま」がご提供できること


1.パイプに合わせた、溶接方法の選択
2.豊富な薄板金属の在庫
3.製作内容に合わせた、適切な製作方法の選択
・形状カットにおける短納期・高精度
・曲げ加工における短納期・高精度
4.金型レス・簡易金型製作、薄板金属部品の1個~約100個製作
5.全国対応


お問合せ方法


材質・板厚・径・長さ・製作数

別途追加工等があれば記載の上、お問合せ下さい!!
※内容により対応できないサイズがあります。

精密板巻きパイプ


径の細いパイプは、簡易金型を使用して製作を行います。
※板厚・径によっては、溶接できないサイズもあります。

IMG_0218330 (3).jpg
モリブデン t0.05パイプ
パイプ端面、オーバーラップさせて
スポット溶接でタック接合
IMG_0218330 (1).jpg
SUS304 t0.5パイプ
ティグ溶接による突合せ溶接
IMG_0218330 (5).jpg
インコネル t0.25パイプ
ティグ溶接による突合せ溶接
IMG_0218330 (4).jpg
SUS304 t0.4パイプ
ティグ溶接による突合せ溶接
IMG_0218330 (8).jpg
チタン t0.5パイプ
ティグ溶接による突合せ溶接
IMG_0218330 (10).jpg
SUS304 t0.3パイプ
ティグ溶接による突合せ溶接
IMG_0218330 (11).jpg
ロウ付けによる、真鍮パイプの突合せ接合
IMG_0218330 (12).jpg
ロウ付けによる鉄パイプと金具の突合せ接合
IMG_0218330 (13).jpg
ヘラ絞りで成形を行ったパイプと
ニップルを溶接した事例
IMG_0218330 (6).jpg
小判形に成形を行ったパイプと穴あき
プレートの全周溶接を行った事例
IMG_0218330 (9).jpg
SUS304パイプと無垢材の気密溶接
IMG_0218330 (7).jpg
SUS304パイプの曲げ加工
 

ステンレス パイプの板厚・径・長さ 一覧表

こちらはステンレス(SUS304)パイプとして規格化を行った、板巻き+溶接パイプになります。表の長さ寸法は最大長さとなります。
「*」印のものは、切削加工パイプ・引き抜きパイプの在庫品となり、在庫は成り行きとなりますので、お問い合わせください。

t0.05t0.10t0.20t0.30t0.40t0.50t0.60t0.80t1.00t1.20t1.50t2.00
Φ20

-

-

-

-

-

-

Φ25

-

-

-

-

-

-

Φ30

300

300

300

300

-

-

-

-

-

-

Φ35

300

300

300

300

-

-

-

-

-

-

Φ40

300

300

300

300

300

300

-

-

-

-

-

-

Φ45

300

500

500

500

400

300

-

-

-

-

-

-

Φ50

300

500

500

500

500

300

300

200

100

-

-

-

Φ55

300

500

500

500

500

300

300

200

300

-

-

-

Φ60

300

500

740

740

500

500

300

300

300

-

-

-

Φ65

300

500

740

740

500

500

400

300

300

-

-

-

Φ70

300

500

740

740

500

500

500

300

300

120

-

-

Φ75

300

500

740

740

500

500

500

500

300

160

-

-

Φ80

300

600

800

740

700

600

500

500

500

400

-

-

Φ85

300

600

1000

1000

700

600

500

500

500

400

-

-

Φ90

300

600

1250

1250

1250

1250

500

500

500

400

100

-

Φ95

300

600

1250

1250

1250

1250

500

500

500

400

100

-

Φ100

300

600

1250

1250

1250

1250

600

600

600

400

300

-

Φ105

300

600

1250

1250

1250

1250

600

600

600

400

300

-

Φ110

300

600

1250

1250

1250

1250

600

600

600

400

300

200

Φ115

300

600

1250

1250

1250

1250

600

600

600

400

300

200

Φ120

300

600

1250

1250

1250

1250

700

700

600

500

500

200

Φ125

300

600

1250

1250

1250

1250

700

700

600

500

500

200

Φ130

300

600

1250

1250

1250

1250

1000

1000

1000

500

500

200

Φ140

300

600

1250

1250

1250

1250

1000

1000

1000

800

800

500

Φ150

300

600

1250

1250

1250

1250

1000

1000

1000

1000

1000

500

溶接パイプ取り扱い材質

材料分類 材質
ステンレス SUS304、SUS301、SUS310、SUS316、SUS430
チタン TP270(チタン1種)、TP340(チタン2種)、TP480(チタン3種)
ニッケル、ニッケル合金 78パーマロイ、インバー、ハステロイ、インコネル
銅・銅合金 C1020、C1100、リン青銅、真鍮
その他 モリブデン


弊社へのご質問の多い材質、またはご依頼いただく製品の、主流材質の性質を記載していますので参考にしてください。
(その他、材質においては、お問合せください)

精密板巻きパイプの、試作・少量製作のお問い合わせは、下記フォームにてお問い合わせください!

「こだま」の、独自工法

1)材料切断
パイプ成形に適した工法の選択で、短納期・高精度のご提供
2)独自工法:ロール加工、簡易金型成形
3)必要に応じて溶接

独自工法の長所

短所

薄板(t0.03~)×小径(φ2.0~)×短い(3mm~)
精密巻きパイプ製作、1個~少量製作が可能
②板巻二重構造など、特殊加工が可能
③対応材質の幅が広い
④短納期対応
①量産対応ができない
②単品製作として1本あたりの単価が高い

記事に関連する製作事例

各種突合せ溶接画像
突合せ溶接とは 突合せ溶接とは、突合せ溶接とは 二つの溶接...
薄板溶接パイプ 1本から画像
薄板溶接パイプ 1本から

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧