スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「真鍮の溶接」

溶接の視点からみた、真鍮の特性


真鍮は熱間鍛造性に優れていて、加熱によって複雑な形状に成形しやすく、展延性にも優れ板材など容易に成形ができ、
切削性も高い材質です。ただ、溶接の視点ではその優れた特性の反面、一般的には溶接方法の範囲は限られているという認識があるようですので、解説と溶接方法をご紹介します。
また、快削黄銅(C3601やC3604など)接合後に粘りが少ないため割れやすく、板材などに多いC2801やC2680は快削黄銅より粘りが有るため、接合後も割れにくい傾向にあります。

溶接の視点からみた、真鍮の特性


1)
銅と亜鉛の合金である真鍮は、合金のなかでも電気伝導性が高いのが特徴の
  ひとつで、その電気伝導率は、銀を100として97以上で、
  電気抵抗を利用した抵抗溶接では、高い溶接電流が必要となる。
2)亜鉛含有率が20%以上であるため、ティグ溶接などでは、亜鉛が燃焼し
  溶融に伴い吹き上がりが生じて、ブローフォールなどが生じやすい。
3)空気中で表面が酸化されて酸化銅(黒ずみ)という皮膜が生じ、その状態で
  溶接した場合、溶接部分が不安定になるため、適切な在庫管理が必要。

このように真鍮の溶接は困難な面が多いですが、「こだま」では真鍮における様々な溶接・接合に対応してきましたので、溶接方法の選択、適切な溶接条件の設定を行うことで、「真鍮の溶接」に対応しています。

真鍮の溶接方法】- スポット溶接 プロジェクション溶接TIG溶接(アルゴン) ロウ付け

真鍮の溶接事例はコチラから



真鍮溶接 「こだま」がご提供できること


◆溶接方法のご提案(発注ご検討者さまのみとなります)
溶接試作・立上げ支援・試験品の分析
◆受託加工
製品製作
治具製作





真鍮の溶接方法について


1)抵抗溶接


抵抗溶接とは、溶接したい2片の金属母材を上下から電極で挟み込み、接触部を電極で加圧を行い、加圧した電極より金属母材へ大電流を流すことにより電気抵抗によるジュール熱を発生させ局部的に発熱・溶融させ接合される溶接工法です。局部的に短時間で溶接を行うため、溶接熱による部材への熱影響も少なく、主に電極を変えることで、さまざまな溶接工法へと変化することが出来ます。


抵抗溶接は総称で、抵抗スポット溶接、プロジェクション溶接、バット溶接、抵抗シーム溶接、抵抗スタッド溶接の、大きく5つの工法がありますが、真鍮の溶接に適しているのは、抵抗スポット溶接とプロジェクション溶接となります。



①スポット溶接(抵抗溶接)


スポット溶接とは抵抗溶接の一種で溶接したい2片の金属を電極で上下から挟み込み
接触部を加圧しながら大電流を流すことで電気抵抗により材料が局部的に発熱し(ジュール熱)、
溶融して接合される溶接工法で、抵抗溶接ではポピュラーな工法です。

真鍮のスポット溶接では溶接するための条件範囲が狭く、設定値が低すぎると溶接出来ず
高すぎたり、不純物が付着していると爆飛(溶接部が爆発的に飛散し穴が開く現象)してしまいます。
「こだま」では長年の経験と技術で、高い品質の真鍮スポット溶接をご提供しておりします。

真鍮プロジェクッション溶接   (2).png

IMG_0683.JPG IMG_0686.JPG



②プロジェクション溶接(抵抗溶接)

プロジェクション溶接.は、抵抗溶接機にプラテン部分に直接専用の電極を取り付けて使用します。
被溶接材に、予めプレス加工もしくは、切削加工でプロジェクション(突起)を施し、上図のように、溶接電流をプロジェクションに集中させて溶接を行いますので、溶接後の被溶接材に対する負荷(熱歪等)を、最小限に抑えることのできる溶接方法です。量産時における薄板金属の合理的な接合方法としても有効で、厚板の接合にも適しています。


真鍮プロジェクッション溶接   (1).png

真鍮プロジェクッション溶接2.JPG
真鍮板t2.0錫メッキ側にプロジェクションを
施し、
t0.5板を溶接を行った事例。
真鍮プロジェクッション溶接1.JPG
真鍮板t0.5側の溶接状態
凹については、調整可能です。



2)ロウ付け接合


ロウ付けとは、部品の接合方法の一種で、一般的には接合しようとする部品と部品を
ガスバーナー等で加熱し、加熱された部分間にロウ材(真鍮・銀合金)を近づけ溶かし
部材間に流し込み冷却を行い接合する工法です。

真鍮と銀ロウ等のロウ材は非常に相性がいいため、他の溶接方法で接合出来ない場合には
ロウ付けでの接合を行います。また銀ロウが使用できない場合には真鍮ロウの使用も可能です。

真鍮のロウ付け2.png
ガスバーナーによるロウ付け
真鍮の炉中ロウ付け.png

真空ロウ付け(ブレージング)



IMG_20636.JPG IMG_20785.JPG


ロウ付けとしては、他に機械的に接合部を加熱して、真鍮母材を接合する抵抗ロウ付けや、
ロウ材を母材にセットして、炉中で接合を行う真空ロウ付け(ブレージングも対応しています。

真鍮の抵抗ロウ付け2.png
抵抗ロウ付け
真鍮の抵抗ロウ付け3.jpg




3)ティグ(アルゴン)溶接


電極にタングステンを使用し、不活性ガスをシールドガスとしてトーチノズル内に流し、融点の高いタングステン電極と母材との間にアークを発生させ、集中させて溶接を行う工法です。薄板や精密な溶接、非鉄金属の溶接に適しています。

真鍮の溶接では、母材同士の共付けも有効ですが、真鍮の溶加棒を加えることで、
溶接強度が、格段に上がります。

真鍮のティグ溶接.png

IMG_2413.JPG 真鍮のティグ溶接2.JPG

真鍮とは


銅と亜鉛との合金で、機械加工・板金加工・鋳造が容易で、機械部品・建築金物など広く用いられれています。
ただ、表面酸化が早い材料ですので、外観を必要とする場合は表面処理が必要です。


真鍮の溶接に関するご相談は、お気軽にお問合せ下さい!

inq_logo.jpg

記事に関連する製作事例

真鍮スポット溶接画像
真鍮スポット溶接
装飾部品の銀ロウ付け画像
真鍮材の銀ロウ付け
真鍮材の銀ロウ付け画像
真鍮材の銀ロウ付け
スポット溶接による端子修理画像
異種金属接合
真鍮 銅タングステン ロウ付け 画像
真鍮 銅タングステン ロウ付け 
装飾品のロウ付け 受託加工画像
装飾品のロウ付け 受託加工
ニクロムリボンと端子のスポット溶接画像
異種金属溶接技術
真鍮と銅合金の、ロウ付け溶接画像
真鍮と銅合金の、ロウ付け溶接

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧