スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「チタンの溶接 試作・テスト 1個から」

チタンの溶接について


チタンは他金属と比べ低温で酸化します。
溶接時に発生する熱などで酸化してしまうと、
急激に硬さが増し粘りが出なくなり脆くなってしまいます。

チタンを溶接する際にはいかに大気と触れさせない様に
するが事が重要です。

        IMG_29418.jpg




チタンのTIG溶接

TIG溶接で溶接する場合には、シールドガスがステンレス等の
溶接とは異なっており、バックシールドとアフターシルドが
必要になります。
また、チタンは酸素だけではなく、窒素、水素とも
反応してしまうためアルゴンガスしか使用できません。

            P1020235_R.JPG



※バックシールド・・・溶接部裏側にシールドガスを当てシールドします。
※アフターシールド・・・溶接トーチの後に追従しガスを噴射することで溶接後のシールドと冷却を行います。


チタンのスポット溶接

スポット溶接では、チタンの溶接部に加圧を掛けることで大気との接触を妨げ
酸化を防ぎ、電極チップは冷却されているため、溶接後に残った溶接熱による
酸化も防ぎます。


チタン製品の試作・加工テスト 1個から

「こだま」では、溶接はもちろんですが、板金・切削加工も行っています。
チタン製品の部材からの試作、溶接の可否テストなど、お客様の様々なご要望に
長年のノウハウで対応させて頂きます。

記事に関連する製作事例

チタン(t=0.5)のスポット溶接テスト画像
チタン(t=0.5)のスポット溶接テスト
チタンのスポット溶接画像
チタンのスポット溶接
チタンの溶接について チタンは比重が約4.5と、マグネシウ...
チタン t0.4 スポット溶接画像
チタン t=0.4 スポット溶接
純チタン(t=0.5)のスポット溶接テスト画像
純チタンのスポット溶接テスト
純チタン(t=0.1)のスポット溶接テスト画像
純チタン(t=0.1)のスポット溶接テスト
チタン6-4合金 抵抗帯のスポット溶接テスト画像
チタン6-4合金 抵抗帯のスポット溶接テスト
チタン6-4合金線材とアルミプレートのスポット溶接画像
チタン6-4合金線材とアルミプレートのスポット溶接

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧