スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「銅撚線の溶接における強度向上について」

銅撚線の溶接における強度向上について画像

銅撚線の溶接における強度向上について

銅線を端子へ接合する場合にはカシメやハンダ付け、スポット溶接を行いますが、「こだま」では溶接強度、量産性、環境適正を考慮しスポット溶接での接合を行っております。

ただし、スポット溶接でそのまま撚線を接合すると、溶接できているように見えても素線すべてが溶接できていない事があります。

その状態で使用していると、強い振動や繰り返しの動作を受けたときに、溶接できていない線から綻びが生まれ断線したり剥離したりしてしまいます。

ですので、そういった部分はヒュージング加工(熱カシメ)で撚線の先端を固めスポット溶接を行う方法をとります。
電線溶接.jpg


ヒュージング加工について

ヒュージング加工図.png
ヒュージング加工図
IMG_7919_R.JPG


ヒュージングとは、リード線の切断部の綻び防止やモーターコイルと端子を電気抵抗を利用して熱カシメを行う工法です。
ヒュージングの利点として上記以外にも、被覆線(リッツ線、マグネットワイヤ等)の絶縁被膜を
加熱しながら加圧をすることで剥がすと同時に溶着することができるという点が有ります。

また、通常ヒュージング加工を行う場合にはカシメ部材を使用しますが、
φ2以下の撚線の場合にはカシメ部材無しで固めることが可能な場合もあります。
「こだま」ではこれを「マイクロヒュージング」と呼んでいます。

IMG_9538.JPG
ヒュージング加工例
IMG_0055-2-2_R.jpg
マイクロヒュージング加工例



inq_logo - コピー.jpg

記事に関連する製作事例

※関連する事例は現在ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧