スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「スポット溶接 板厚について」

スポット溶接における板厚について


スポット溶接で対応出来る板厚は、材料の厚み・材質・設備の出力の要素で変わってきます。
スポット溶接において材料の厚さが大きくなるにしたがって、大きな出力が必要となります。
理由は、スポット溶接の原理が電極と材料に流した電流により抵抗発熱を発生させ溶接させるからです。
板厚が大きい場合には電流密度の低下によりナゲット形成が小さくなる、または困難になります。
また、材質によって電気抵抗の大小、融点の大小があるため材質によっても変わってきます。

板厚が大きい場合には出力の大きさが必要になってきますが、板厚が小さい場合には違った問題が出てきます。
それは歪みや強度の問題です。一般的なスポット溶接では電極で材料を挟み込み電気を流すため、材料に荷重が掛かります。その際に歪みが発生するため、板厚が小さい場合には繊細な出力調整が出来る設備が必要になってきます。また、強度については板厚が小さいため溶け込みも少なくなるため出にくくなります。

板厚が厚い場合や歪みをさえたい時スポット溶接で対応が難しくてもプロジェクション溶接であれば対応出来る場合があります。プロジェクション溶接とは部材にプロジェクション(突起)を形成しその部分を抵抗溶接する事により、抵抗発熱効率を上げる溶接方法です。

スポット溶接加工

抵抗スポット溶接とは、溶接したい2片の金属母材を上下から電極で挟み込み接触部を電極で加圧を行い、加圧した電極より金属母材へ大電流を流すことにより、電気抵抗によるジュール熱を発生させ、被溶接材を局部的に、発熱・溶融させ接合される溶接工法です。
抵抗溶接の一種として、もっともポピュラーな工法で、自動車や家電等あらゆる分野で用いられています。

※加工・製作事例は、こちらから

スポット溶接機3.png
抵抗スポット溶接機の構造(エアー式)
スポット溶接の原理4.png
スポット溶接DPP_0161.JPG
エアー式抵抗スポット溶接機
スポット溶接IMG_3630.JPG
足踏み式抵抗スポット溶接機

プロジェクション溶接とは


プロジェクション溶接とは、被溶接材(製品部品)の板厚が厚い場合に、部品のどちらか一方に、プレス加工などでプロジェクション(突起部)を設けてプロジェクション(突起)部を加圧し、大電流を突起部に集中して流すことによって生じる発熱で、プロジェクション(突起部)を溶かし、部品同士の溶着を行う抵抗溶接の一種です。平板とナットやボルトの溶接などに使われている他、薄板同士の溶接歪を抑えるための工法として行ったり、量産時の薄板同士のスポット溶接多点数を抵抗溶接機一工程に収める極めて効率の良い工法としても行われています。



記事に関連する製作事例

※関連する事例は現在ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧