スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「真空配管 溶接」

真空配管について


真空装置など真空が必要な箇所に使用される配管で、普通の配管に使用される配管材料と違い、強さや硬さなど機械的な特性以外に、放出ガスという真空中で材料から放出される気体が少ない材料を使用します。また、真空中で使用するためには、部品の加工段階や組立て段階などで付着する有機物(主に油成分)や埃、大気中に含まれる水分などを十分除去しなければなrりません。


真空配管の溶接加工


真空配管の溶接についてはティグ(アルゴン)溶接レーザー溶接を用い、裏波が出るように溶接します。
溶接後にはヘリームリーク試験などで漏れが無いかチェックし、酸洗いや超音波洗浄等指定の方法で仕上げます。

真空配管に用いる材料について


不純物があると真空状態を妨げるため、出来るだけ不純物が出ない材料で有る必要があります。
そのため十分な洗浄がされた材料で、かつ放出ガスが少ない物を選ぶ必要が有ります。
ステンレスやニッケル、ニッケル合金などが放出ガスが少なく、
十分な強度があるため多く使用されています。
鉄系の材料も安定している状態では放出ガスが少ないですが、サビなどが発生した場合には
放出ガスが増えるため適切な材料ではありません。


真空配管などの溶接事例

DSC_0999R.JPG エッチングメッシュ スポット溶接 (3).JPG
ステンレス精密溶接 (4).JPG IMG_1038.JPG

記事に関連する製作事例

※関連する事例は現在ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-good.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧