スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「鉄(アイアン)のテーブル・椅子の製作」

「こだま」は、創業50余年、機械、船舶、航空機、自動車、家電部等、
さまざまな、鉄の製品に携わってまいりました。
その技術の注入し、プロダクトデザイナー様及び、
建築デザイナー様の、想いを形にしています。

「こだま」は、ご要望を形にするだけではなく、仕上がりをイメージしてのご提案や、耐荷重を考慮した鋼材などの選択、そして目に見えない部分まで配慮し、製作のサポートを行っています。
(耐久については、ご提案後試作品での確認が必要です)

鉄(アイアン)のテーブルと椅子の製作事例を、一部ですがご紹介します。

080323chair-thumb[1].jpg 大学の工房向けの、鉄のテーブル・椅子・ベンチの製作事例です。
イス&テーブル 020.JPG

デザインコンセプトは、「折り紙」でした。
白い紙で折ったようなイメージで、尚且つテーブル・椅子としての強度が欲しい、でした。

>結構、難問。

DPP_0027.JPG

対応として、鉄板2mmの本体板に、できる限り見えにくいように補強を取り付けることにしました。

鉄製の線材φ8.0~φ12.0を、成形し補強として、溶接を行いました。この案件では製作にあたり、溶接技術が90%。
いかに、外観を損なわないように溶接を行うかでした。

DPP_0031.JPG 鉄(アイアン)の椅子の裏面。線材φ8.0が鉄板t2.0に、しっかり溶接されています。
DPP_0069.JPG 製作後、吹きつけ塗装前の下地ならし。
DPP_0072.JPG 吹きつけ塗装後、床接地面の手塗り作業が終了して、完成です。
IMG_0485.JPG 鉄(アイアン)のテーブル。
製作コンセプトは、鉄の椅子同様「折り紙」でした。
なので、作り方は椅子と同じです。
DPP_0078.JPG 鉄(アイアン)のベンチ、その1。
DPP_0144.JPG 鉄(アイアン)のベンチ、その2。
テーブル.JPG 鉄(アイアン)のローテーブル、ミラノサローネ出展画像。

製作コンセプトは、この事例でもデザイン性を損なわず、強度があって、尚且つ溶接箇所が分からない様にということで、精密加工のエリアに突入しました。
IMG_2655.JPG 完成直後の画像です。
P1010916.JPG ティグ(アルゴン)溶接が主流で、組み付けを行いましたが、仕上げは極めて繊細に。
P1010903.JPG ペーパーモデルを基準に、仕上がりは鉄の素材で瓜二つ。
P1010936.JPG 塗装工程は、部分的に色を変えるご要望でしたので、マスキングを順番に外しながらの作業となりました。



鉄(アイアン)のテーブル・椅子の製作について、お気軽にお問い合わせください。

記事に関連する製作事例

※関連する事例は現在ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧