スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所の「事例紹介」です。

「椅子・テーブルの製作」

椅子・テーブルの製作

建築デザイナーからのご依頼で
某工科大学工房の椅子・ベンチ・テーブル
計116台を製作しました。

P1000757.jpg
(こだま製作所での撮影)
折り紙で出来たようなイメージ!!!
工房に入るまではあまりインパクトは
ありませんでしたが・・・・・
工房に入った画像を確認すると・・・・
流石です!!

では 製作風景をご案内します!!

P1000732.jpg
まず、椅子の座席部分のカエリ取りから
鉄板(spc t2.3)のラインを崩さず、
なおかつ、安全配慮でサンダーを走らせます。
サンダーはテクノディスク120番。

P1010194.jpg
座席部分の鉄板の補強に使用する
丸棒(SPC9φ)の曲げ加工を行なう
NCベンダー加工機です。

P1000736.jpg
デザイン重視の曲げラインですので
NCベンダー加工機だけでは
対応不可のため、微調整は技能で対応します。

P1000744.jpg
手作業での曲げ矯正。
R部分の高さバラツキもこの通り!

P1000749.jpg
丸棒(SPC9φ)の矯正が終了した時点で
椅子本体になる鉄(SPCC)t2.0に
スポット溶接にて溶着を行ないます。
(CO2溶接から歪考慮で溶接法の変更を提案しました)

P1000754.jpg
スポット溶接を行なった後の
本体、座部分のスポット溶接痕を
サンダーテクノディスクにて
仕上げています。


■■ベンチ、テーブル製作■■

P1000764.jpg
椅子の製作の次にテーブルとベンチの
製作を行ないました。
製作手順を同じく鉄板に補強の丸棒を
溶接しますので、まずは補強丸棒の形状成形。

P1000761.jpg
椅子の時と同様、丸棒のR形状微調整を
行なっています。

P1000785.jpg
本体板(SPCCt3.0)の溶接組み立てを
行なっています。
無駄な肉盛りが外観を損ないますので
溶接方法はティグ溶接を選択しました。

P1000766.jpg
ベンチの完成(塗装前)

P1000790.jpg
最終の表面処理として
吹きつけ塗装を行ないますが
その前に下地の仕上げを
もう一度行なっています。

P1000792.jpg
下地仕上げを行なったモノから
どんどん塗装されゆきます。

エアークッションにて梱包を行い
別注パッキンケースに入れて
4トントラックで いざ現地へ!!!!!


家具・オブジ・看板等の製作は こだま@ASS119アトリエにご相談下さい!

記事に関連する製作事例

※関連する事例は現在ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
また、お急ぎの場合は電話・ファクシミリでもお問い合わせをお受けしております。
精密・薄板・微細溶接の事ならお気軽にご相談下さい!


会社名
※法人のみご対応とさせて頂きます。
お名前【必須】
TEL
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
お問い合せ項目
添付ファイル

■ファイルを添付する場合の注意点

※ファイルサイズは最大5MBとなっております。
※ファイルサイズが大きい場合は、アップロードに時間がかかります。 画面上は何も動きませんが、数分お待ちください。
※ファイルが複数ある場合は、圧縮ファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

「製作事例別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧