スポット溶接・精密溶接専門のこだま製作所「大阪テクノマスターブログ」です。

大阪テクノマスターブログ

「二宮尊徳を語る」中桐万里子」先生の講演を拝聴しました。

2013年05月15日
P1020024.JPG
















先日、住友クラブ(大阪市西区)で行われた、凜の会主催の中桐万里子先生の
講演会に弊社笹尾信五と参加させていただきました。

中桐先生は、二宮尊徳の七代目子孫に当たりますが、
現在、臨床教育学専門に、現在レレイト代表、京都大学博士(教育学)、関西大学院大学 講師、
国際二宮尊徳思想学会 常務理事としてご活躍されています。

今回は、「二宮尊徳を語る」をテーマに、ご講演を拝聴しました。

1)実践家、二宮尊徳(1787~1856)の姿
・遺言:"名をのこさず、おこないをのこせ"
・敵にみえる相手を味方に(敵とは主に自然環境を含む外的要因)

2)実践を押し出すパワー・エネルギー
・知る、よくみる、受け入れる
・無力と無知の区別

3)実践が生み出す「実り」
・ドラマ(=徳)との出会い
・現場主義的実践としての「報徳」
・心田の豊かさ(至誠)×田畑の豊かさ(実行)

4)実践モデルの特徴
・giveにこそある誇り
・一人ひとりが主役になること
 「わたしの村」という意識の芽生え
・未来へのループ

村人に、水車を例えて説いた報徳思想や、

茄子の味で、冷夏を予測し田んぼの稲を、ヒエや粟、蕎麦に植え替えたことで、
予測通り冷夏で凶作となったが、村人からは餓死者は出なかったなど、
尊徳の現実的実践事例をお話いただきました。


実践からでた思想
「道徳無き経済は犯罪、経済なき道徳は寝言」


田の草は あるじの心次第にて
米ともなれば荒地ともなる

父母も その父母も我身なり
われを愛せよ我を敬せよ

            二宮金次郎の道歌より


私も経営者として、一人ひとりが主役になる職場づくり
モノづくりとして単なる社員(作業者)養成ではなく職人(生活の芸術家:ジョンラスキン思想)を
育成する場づくりに邁進し、実践知を高めたい思いです。

中桐先生、ありがとうございました。





月別アーカイブ